老後2000万円問題解決プラン

将来のお金の問題

現在、たくさんの人が将来のお金の不安をかかえています。金融庁によると老後は年金以外で「2千万円必要」とのことです。
今現在の高齢夫婦無職世帯の収支は平均で、収入:約21万円(公的年金など)、支出:約26万円、毎月の不足額が約5.5万円。仮に95歳まで生きた場合は、65歳からの30年間で、約2千万円(約年66万円×30年)を取崩すことになるとの試算です。

さらに今後は次の理由でお金の問題は厳しさを増すばかりです。

  • 少子高齢化の進展、国の財政赤字の拡大で税金、社会保障費が上がり手取り収入が減る。
  • 厚労省によるとさらなる年金額の減額を予想している。
  • 日本がゼロ成長のため給与も増えない。

こうした手取り収入が増えない現状において、お客様の見えない「不安」を解消するには、次の2つが重要です。

  • 家計の現状を把握し(家計の見える化)、無駄な支出を減らす。
  • 運用によりお金に働いてもらう。

お金の問題を解決するにはお金について学んで実行することが大切です。

例えば運用の知識が重要なのは次の検証でも明らかです。

お金に働いてもらうことの効果(老後2,000万円問題で検証)

1、65歳で2,000万円つくるためにお金を運用する場合

CASE1とCASE2からわかること:より長く運用すればより少ない月々の積立額で老後資金2,000万を達成できる。

CASE1
35歳から65歳までの30年間積立の場合の月々必要な積立額
運用利回り月々必要な積立額積立元本利益合計積立額
0%55,50020,000,000020,000,000
3%34,00012,312,0007,688,00020,000,000
5%23,9008,604,00011,396,00020,000,000
CASE2
45歳から65歳までの20年間積立の場合の月々必要な積立額
運用利回り月々必要な積立額積立元本利益合計積立額
0%83,30020,000,000020,000,000
3%60,80014,592,0005,408,00020,000,000
5%48,40011,616,0008,384,00020,000,000

2、積み立てたお金を運用ながら取り崩し

運用しながら取り崩せば少ない積立額でも月々5.5万円の年金の不足額を賄える。

65歳から95歳までの30年間運用しながら月々5.5万円取り崩しながら生活するのに必要な65歳時の積立額
運用利回り65歳時に必要な積立額月々の取崩し額
0%
20,000,000
55,000
3%
13,000,000
55,000
5%
10,200,000
55,000

運用する上で大切なこと

  • 「いますぐ」積立投資を始める
  • できるだけ長期間運用すること.(リタイア後も運用を続ける)
  • 運用を続けられるものに投資する

当事務所ではお金について学ぶ授業や老後の不安を解消するために「将来のお金の不安解消プラン(老後2,000万円問題解決プラン)」を用意しています。

1、お金について学ぶ授業2、将来のお金の不安解消プラン
マンツーマン又は2名まででお金についてのレッスンを行います
(1時間6,000円(税別))。内容はお客様の要望にお応えします。
例)・イデコと積立NISAについて
  ・投資商品について
  ・保険(生命保険、年金保険など)や社会保険について
プランのポイント
・家計を見直し、無駄な経費を減らす
(現在の家計状況の見える化、削るべきところのアドバイス)
・運用によりお金に働いてもらう
(イデコや積立NISAを利用した運用アドバイス)

将来のお金の不安解消プラン(老後2,000万円問題解決プラン)の具体的な流れ

1.現在の家計の状況を把握とカウンセリング
毎月の収入と毎月の支出の内容、現在の資産の状況を把握

2.家計診断結果、家計改善プラン提案、家計改善プランの実行
1、現在の家計の状況をベースに老後の家計の状況と将来もらえる年金額のシュミレーション
2、家計改善プランの提案
3、家計改善プランを実行した場合の家計の状況と老後の家計の状況のシュミレーション

3.家計改善プランの実行
例)保険の見直し、携帯の見直しなど

4.積立プランの作成
1、いつまでにいくら必要なのかを把握する。
2、イデコと積立NISAどちらでいくら積立てるか決定します。
3、国内、海外の株式、債券、リートなどの金融商品の特徴などを説明します。
4、リスクとリターンの情報確認などを行い、資産配分、金融商品を選択します。
*FP相談内では個別商品の案内ではなく、選択の考え方をアドバイス

5.積立プランの実行
1、口座開設
2、金融商品購入
*こちらはお客様ご自身で実行してもらいます。
お勧めの口座や流れはあらかじめ説明しますが、わからない場合は何度でも無料でサポートします。

6.半年後の点検の実施
家計の見直しと積立資産の状況の点検を行います。