相続に必要な名義変更手続き

遺言書がない場合、相続人全員で誰がどの財産をどれだけ相続するかを話し合って、遺産分割協議が成立し、遺産分割協議書が作成されると次は遺産分割協議に基づいて、相続財産の名義変更をする必要があります。被相続人から引き継いだ相続財産は、名義変更をしないと、例えば、預貯金は民法で決められた一定額以外引き出すことができません。名義変更により凍結されていた被相続人の相続財産は解凍し、たとえば預貯金であれば口座からの引き出しが可能になります。名義変更には全相続人の自宅近くの役所、銀行、証券会社、法務局など、それぞれの場所で、相続人には膨大な手続きが必要になります。遺産分割協議で「誰がどの財産を相続するか」がまとまったら、早めに相続人の名義に変更する手続きをしましょう。また必要のないものは忘れずに解約手続きをしましょう。

目次
1、金融機関の名義変更手続き
2、不動産の名義変更手続き
3、自動車などの名義変更手続き
4、株券の名義変更手続き
5、会員権の名義変更手続き

1、金融機関の名義変更手続き

金融機関の名義変更手続きは、手続きできるところもさまざまで、被相続人の預金口座のある本支店が提出先のところもあれば、どの支店の窓口でも手続きができるところもあります。

口座の名義変更は、金融機関ごとに用意してある所定の「相続届」にすべての相続人が自筆署名して実印で捺印し、必要事項を記入してほかの書類とともに提出します。

手続きが完了すると、被相続人の口座から引き出しが可能になります。

手続きの流れ
1、被相続人が亡くなったことを被相続人が取引していた金融機関に通知して、手続きの案内を受け、必要書類を受け取る

2、必要書類に記入し、そのほかの必要書類(遺産分割協議書か遺言書、被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本や相続人の戸籍謄本など、相続人全員の印鑑証明、相続関係図など)とともに各金融機関に提出

3、金融機関により払い戻しの手続きが行われる。手続きには日数がかかる場合があります。

2、不動産の名義変更手続き

不動産の相続の手続きは、所在地の管轄の法務局で行います。必要な書類は、所有権移転の登記申請書、相続人全員の戸籍謄本、住民票及び印鑑証明書、被相続人については出生から死亡までの戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍など)および住民票(除票)、相続関係図で、さらに固定資産税評価証明書(または固定資産税納税通知書)を添付して法務局に提出します。

法定相続分通りに不動産を相続するのではなく、遺産分割協議や遺言に基づいて、不動産を相続する場合は、さらに遺産分割協議書または遺言書を添付する必要があります。

不動産の名義変更に期限の定めはありません。ただし、相続登記をしないと、1月1日時点の登記上の所有者(故人)へ固定資産税の請求がきます。誰も住んでいなくても、放っておくと毎年固定資産税がかかります。また放置して次の世代、次の世代となると、そのときには現在の所有者がだれなのかわからなくなってしまいます。また売却や建て替えもできないので、老朽化するリスクや空き家になるリスクも高くなります。

3、自動車などの名義変更手続き

自動車を相続する人への名義変更は、相続人が住んでいる市区町村を管轄する陸運局(運輸支局または自動車検査登録事務所)になります。

必要な書類は、移転登録申請書、相続人全員の戸籍謄本や被相続人の死亡の事実が記載された戸籍謄本、自動車検査証、自動車保管場所証明書(車庫証明書)、自動車税、自動車取得税申告書です。また、その自動車を一人の相続人が引き継ぐ場合は、遺産分割協議書または遺言書を添付します(共有する場合は必要ありません)。

名義変更をしないと、自動車を売却したり、廃車することもできないので、早めに名義変更をしておくことが必要です。

4、株券の名義変更手続き

まず証券会社に連絡して、必要書類を取り寄せます。必要書類(株式名義書き換え請求書など)に記入し、そのほかの必要書類(遺産分割協議書か遺言書、被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本や相続人の戸籍謄本など、相続人全員の印鑑証明など)とともに提出します。

名義変更において、相続人が同じ証券会社に口座がある場合はその口座に移し替えられます。引き継ぐ相続人がその証券会社に口座をもっていない場合、まず証券口座を開設する必要があります。

5、会員権の名義変更手続き

会員権の名義変更は、種類によります。リゾートホテルの場合は、マンションと同じように不動産の一部の所有権を購入していることもあるので、そのときは不動産の名義変更の手続きをします。
一方、ゴルフ場や一部のリゾートホテルの会員権は、相続人が、所有者が亡くなったことを通知して、必要書類を確認します。通常は、届出の書類のほかに相続人および被相続人の戸籍謄本や相続人全員の印鑑証明書などが必要になります。

これらの名義変更手続きは非常に煩雑で手間と時間のかかる作業ですので、川口相続・ペット・家族信託・遺言相談所では預貯金の名義変更(相続)について、適切で迅速なサポートを行います
川口市、草加市、越谷市を中心に出張無料相談を行っています。
お問い合わせ・ご相談はこちら。または048-234-3636

料金の目安(詳しくはこちら
預貯金や株式の相続(名義変更)25,000円(1口座)

相続手続きの流れ

相続手続きの流れ
死亡から3か月以内1. 被相続人の死亡・相続の開始
2. 相続人の確定
亡くなられた方の生まれてから亡くなるまでの一連の戸籍を集め、相続人様を確定し相続関係図(相続人調査)を作成します。
3. 相続財産の調査・評価・確定
相続財産には預貯金や不動産などの+の財産と、借金などの-の財産があり、固定資産評価証明書、銀行の残高証明書、郵便物等のたくさんの書類を集めて調査し、相続人の相続財産目録を作成します(相続財産調査)。
相続財産調査は遺産分割協議や財産を放棄するかの判断をするための重要な資料なので、もれなくすることが必要です。
4. 遺産相続するか?相続放棄するか?
4か月以内被相続人の準確定申告
10か月以内<遺言書がある場合><遺言書がない場合>
1. 遺言書の検認手続き
(公正証書遺言の場合不要)
1. 相続財産の分割の話し合い及び遺産分割協議書の作成
2. 遺言の執行2. 遺産分割の実現
3. 財産の登記・名義変更(土地、建物、銀行預金、証券株式など)
◆相続税の申告