業務内容

相続手続き

面倒な相続手続きを代行します。

相続が開始すると、遺言書がない場合は、相続人の調査を行い、すべての相続財産を洗い出し、相続開始後3か月以内に相続するかしないのか判断する必要があります。相続する場合、相続人の誰がどの割合で財産を受け継ぐかを相続人全員で話し合って決めます。
遺産分割協議で決まった内容で名義変更をして、相続税がかかる場合は、被相続人の死後10か月以内に相続税の申告、納税をします。相続の手続きはとても煩雑で数も多いので大変な時間と労力を必要とします。川口相続・ペット・家族信託・遺言相談所では、面倒で時間のかかる相続手続きの代行をしております。

料金の目安(詳しくはこちら
戸籍の取得代行25,000円(相続人4名まで)
相続関係図作成15,000円
財産目録作成40,000円から
遺産分割協議書作成30,000円から
預貯金、株式の名義変更25,000円(1口座)
相続手続き節約パック90,000円から

遺言書作成(相続対策)

相続争いを防ぎ、相続税や代償資金対策、相続税の節税対策

相続対策としては、(1)遺産分割対策(相続争いや相続人間のトラブルを防止する対策)(2)納税・資金対策(主な相続財産が不動産の場合、不動産を相続した相続人が他の相続人に支払う代償金対策や相続税の納税資金対策)、(3)相続税の節税対策 の3つがあります。川口相続・ペット・家族信託・遺言相談所では、相続争いや相続人間のトラブルの防止に効果的な遺言作成サポートを中心に幅広く相続対策をサポートしています。

料金の目安(詳しくはこちら
遺言書作成サポート(公正証書遺言)80,000円
遺言書作成サポート(自筆証書遺言)60,000円
遺言書作成(相続対策)130,000円から

家族信託任意後見契約、財産管理等委任契約、見守り契約

認知症や体が不自由になった時に備える対策

認知症などにより判断能力が衰えると、預貯金が凍結されお金を引き出せなくなったり、誰も住まない自宅を売却して介護費や施設費を捻出したくても自宅を売却できません。そうした認知症による財産管理の問題へ備えるのが、家族信託や任意後見契約です。また体が不自由になったときに備えるのが、財産管理等委任契約や見守り契約です。川口相続・ペット・家族信託・遺言相談所では、お客様にあった認知症や体が不自由になったときのための対策を提案します。

認知症や体が不自由になったときに備える対策
家族信託
任意後見契約
財産管理等委任契約
見守り契約
料金の目安(詳しくはこちら
家族信託200,000円から
任意後見契約100,000円
財産管理等委任契約30,000円
見守り契約30,000円

ペットを守るための対策(家族信託、任意後見契約)

飼い主様が認知症、長期入院、施設への入所、死亡などによりペットの飼育が困難になったときに、ペットの生活を守るための対策です(家族信託や任意後見契約など)。川口相続・ペット・家族信託・遺言相談所ではお客様の状況に応じてペットを守るための適切な対策を提案します。

ペットを守るための対策
家族信託(任せられる家族がいる方)任意後見契約(任せられる家族がいない方)
料金の目安(詳しくはこちら
家族信託(任せられる家族がいる方)150,000円
任意後見契約(任せられる家族がいない方)100,000円